用語解説

位置度とは幾何公差のうちの一つで、JIS規格には「位置度とは、データムまたは他の形体に関して定められた、理論的に正確な位置からの点、直線形体または平面形体の狂いの大きさをいう」とあります。一般的なものとしては多数の穴あけ加工を行う場合の、穴位置同士の間隔の指定があると測定される項目です。