用語解説

真直度とはJIS規格によると、「直線形体の幾何学的に正しい直線からの狂いの大きさ」と定義されています。簡単に言うと真直度とは、 真っ直ぐさを指定するものです。真直度の指定がある場所としては、平面ではなく直線に適用されています。従って、長尺物などの反りの許容などに利用される幾何公差となります。自動化・省力化機械 受託製造.comでは、装置の製作時において真直度が求められることがあり、測定を自社内で行えるように検査装置を保有しています。