用語解説

面の輪郭度とは、JIS規格において「理論的に正確な寸法によって定められた幾何学的輪郭からの面の輪郭のズレを大きさ」と定義づけられています。具体的には単純な平面ではなく曲率が変化しているような複雑な面において問われる測定項目で、図面指示通りにできているのかを判断する為に用いられます。線の輪郭度というものもありますが、面の輪郭度の場合には指定の曲面全体が測定対象となります。