製品属性(仕様)

装置
分類
業界
分野
工作機械
ワークコンバーターカバー(外径φ296.9mm) 用途ワークストック・位置決め・リフト
装置
能力
工程搬送工程・製造工程

製品画像(様子)

特徴

こちらは、自動機・省力化機械 受託製造.comが設計・製造を行った
「シュート(投入口)ありの位相決めチャック付きリフター装置」です。

以下が本リフター装置の導入目的と動作工程となります。

《自動機の目的》
ワークが重量物であることから纏めて投入する。本自動機を用いることで、工作機械に投入する前に1個ずつに切り出し、位相・位置だしも併せて自動化を図っている。

《リフターの動作工程》
ⅰ.写真の左部にあるコロコンシュート部に複数個(ワーク【A】、ワーク【B】)を投入

ⅱ.制限部でワークを1つずつに送り出し、リフター部へ移送する。

ⅲ.リフタ部にワーク【A】が1つあることを検知し、リフタが上昇
  (※同時に制限部の前までにワーク【B】が1つ移送される。)

ⅳ.リフタ上にあったワーク【A】をチャックがクランプし、位相が確定。リフタは下降する。

ⅵ.ローダーにてワーク【A】クランプされ、チャックアンクランプとなる。

ⅷ.ローダーにてワーク【A】排出(次工程に・・・)


となります。このような動作工程を経ることで、
工作機械間の自動化を行い、省人化・省力化を実現しています。